うつ病かもしれないと思ったらチェック【不調を我慢せずに相談】

必要がある人には伝える

医者

自分で体調管理を行う

うつ病は精神的な病気だということで、他の一般的な体の病気と比べて他の人に言いにくいという特徴があります。病気だということを伝えたことで、仕事上に不利な立場になったり、人間関係が円滑に進まなくなったりしたという話を聞くこともあります。病気であることは、必ずしも他人に言わなくてはいけないことではありませんが、隠しておくことで自分が仕事をしにくいと感じるようであれば、関係の深い人だけでもうつ病であることを伝えてみましょう。他の人には言わないでほしいと言っておけば、必要以上に情報が漏れることはありませんし、病気であることを隠してストレスが大きくなってしまってはいけません。また病気を発症しているかどうかわからない時にはチェックシートを使って、発症している可能性がどの程度あるのかを知るのも重要なことです。この段階で仕事を減らしたり、生活習慣を整えたりすることで、症状が軽減していくことがあるからです。この時にもチェックをしてみたら、うつ病の可能性があることがわかったということを会社の上司などに伝えておくと、仕事量の調整がしやすくなります。受診が必要になった時にも仕事を休む可能性があるので、できる限り事前に伝えておくと、休みがとりやすくなります。うつ病は早く治療を始めることができれば、重症化を防げる病気です。軽い症状がでている段階で自分で気付くことができれば、受診をする予定を立てることができるでしょう。そのためには忙しい毎日の中でも、自分の体調に変化はないかを日ごろからチェックしておくことが大切です。休みがとれていないと気付いた時には、積極的に休みがとれるような仕事量の調節が必要ですし、強いストレスを感じている時にはストレスが蓄積しないような取り組みも必要です。他の人が異変に気付くことができるような段階になっている時にはうつ病がかなり進行していると考えられます。そこまで発展してしまう前に自分自身で気付くことが大切です。気持ちの変化には気づきにくいという人は、生活習慣が変化してきていないかをチェックしてみましょう。毎日夜にすぐに寝付くことができているか、朝は気持ちよく起きられているかなどを考えてみるとよくわかります。忘れがちな人は生活の流れを簡単に日記のようなもので残しておくという方法がおすすめです。睡眠や食事の時間や内容、排泄の状況程度であれば、そこまで負担になることもありません。何よりも自分の体調を管理する上で必要なことなので、意識をして体調を管理していきましょう。