うつ病かもしれないと思ったらチェック【不調を我慢せずに相談】

必要がある人には伝える

医者

うつ病にかかった時にはできる限り職場の人などにも事情を離して仕事量などの調整を行います。また日ごろから自分で体調をチェックするようにして、うつ病の兆候がでている時には早めに病院を受診し治療を開始しましょう。

詳しく見る

心のケアに必要な情報

女性

生活の乱れが原因で心にトラブルを抱えるようになったら、うつ病のセルフチェックを受けた後に、医師のアドバイス通りに生活を改善してください。多忙な日々が続いているのであれば、会社と相談をして休日を増やしてもらう事で精神状態が安定します。

詳しく見る

症状には多少の違いがある

女性

一般的なうつ病はもちろんですが、非定型うつや産後うつ、冬季うつ、仮面うつなどの種類があります。人によって症状の出方には多少の違いがありますが、気になる症状が長く続く場合は精神神経科の病院やクリニックで、うつ病チェックを受けましょう。

詳しく見る

正しい診断結果を

看護師

うつ病のチェックは非常に簡単にできます。インターネットでも自己啓発本でも、手に届く範囲にチェック先はあります。自己判断でうつ病だと決めつけるだけでは治療になりません。チェックを重ねて「怪しいな」と思ったら精神科を受診しましょう。

詳しく見る

心の健康を保つ

聴診器

小さな変化にも気を付ける

以前は気楽にこなせていた作業が辛く感じたり、朝に起きるのが面倒に感じたりしているだけでも、精神的なトラブルを抱えているかもしれないと疑わなければいけません。うつ病というのは誰にとっても身近な病気で、少しずつ心の元気が無くなっていくために、症状が悪化するまでに初期症状にも気付けない場合もあります。あせりや不安が頭の中から消えなくなって、趣味も楽しめなくなってしまった時には、うつ病のチェックを行ってください。過去の自分と比べてみると、最近は自分を責める事が増えてしまった際にも、精神面に悪い変化が起きている可能性があります。精神科や心療内科などで検査を受けると、いくつかの質問が書かれたシートを渡されるので、自分が当てはまると感じた項目にマークを入れてください。うつ病のチェック作業は短時間で終わりますから、仕事が忙しくて時間的余裕が無いという人も、心の不調を我慢せずに相談をする事をおすすめします。ホルモンバランスの乱れによる精神面の変化なども、精神科や心療内科で見分ける事はできますから、肉体的な問題がないか確かめてください。うつ病の初診では上手く話せない人も珍しくありませんし、自分の変化を少しずつ伝えながら症状を見分けてもらう事も難しくありません心のトラブルというのは初期段階で対処をするほど、短期間の治療で心の元気を取り戻せる可能性があるからこそ、初期対応を間違えない事が重要です。自分は心の病気を抱えているはずが無いと考えてしまうと、初期対応が遅れてしまう事になりかねませんから、うつ病のチェックは気軽に受けてください。簡易テストでも自分の心の変化に気付く事ができて、考え方を変化させるためのアドバイスを医師から受ける事で、心の元気を取り戻せたという人も大勢います。医師に話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になる場合もあるので、精神的に弱っているせいで、仕事の作業効率が落ちている時にも医師を頼ってください。うつ病のチェックをする事によって、口の渇きや睡眠障害などの症状も、心のトラブルが原因だったと気付ける事もあります。自分一人で心と身体の変化に全て対処しようとすると、いくつものサプリメントを服用する事によって、身体に余計な負担をかける事になりかねません。心と身体の両方に優しい治療を行うためにも、精神科や心療内科の医師に相談をして、リラックスしながら心と身体のケアを行う事を推奨します。うつ病の症状が悪化してしまうと、女性の場合は月経異常などの症状が起きる事もありますから、月経の変化などもチェックしながら医師に相談をしてください。